SF(すごく・ふしぎ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

耳からウロコ

score


今日も、ビートルズの話です!


バンド・スコアを買ってしまいました。
大学生のころは、スコアなんて市販されてないような曲ばかり
コピーしてましたというのもあり、耳コピが原則で
スコアなんか見るのは邪道だろ?と思ってましたので
今回買うまでにちょっと抵抗があったんですけど、
あった方がコピーも早いだろうということで、
持ってても一文にもならないプライドやこだわりは棄てました。

ちなみに大学生になる前……、
高校生のころはスコアがないと他のメンバーが困るので
仕方なく、いちいちコンビニでコピーしたりして用意してましたが、
今のぼくが目指したいのは、スコア通りに弾くことじゃなくて、
ビートルズと同じように弾くことなわけです。
音が取れたら、あとはもう聴きながら弾いていくしかないわけで。

とりあえず、
「THE BEATLES COMPLETE SCORE」
「ザ・ビートルズ・ソングブック」
「全曲解明!! ビートルズサウンズ大研究」の三冊と、
そして……、
肝心の213曲の音源があれば何とかなるとね。

では一冊ずつ解説しようかな。


1:「コンプリート・スコア」(写真上)

文字通り、「コンプリート」ですから全曲載ってます。
よせばいいのに「Revolution 9」も載ってます。
バンドのためのスコアというより、
コレクターズ・アイテムとかいうやつとしても
それなりの価値はあるのかもしれませんね。

んで、肝心のコピーの精度はといえば……。
現在は、シンコー・ミュージックからアルバムごとにも
スコアは市販されていますけど、
それの少し古い版と中身は一緒みたいですね。

たとえば、弾いてて面白くてしょうがないので、
「Something」のベースはすでにコピーしたんですけど、
歌詞の「You're asking me will my love grow〜」のところ、
スライド奏法(ハンマリング・プリングかも??)を使っているはずなのに、
そこまで載ってなかったり…。

ンまぁ、公式スコアの間違いを発見すると、
自分が上手くなった気がしてちょっと嬉しかったりもする。

とはいえ、
とっかかりとしてはスコアがあった方が便利なことは確かなので
重宝するんじゃないかなぁと思う。


2:「ザ・ビートルズ・ソングブック」(写真左下)

全曲の歌詞とコード、対訳が載っています。
スコアなんて重くて持ち歩けないから、
こっちで確認するといいよね、と思いつつ。

気になったところといえば、
たとえば、
「I'll Be Back」で、コードが「Am→G6→Fmaj7→E」と
R&Bというか、歌謡曲というか、
それっぽい流れで進行するんだけど、
それにしてもなんでこんなテンションコードを使うのかと、
ただ何となくカッコいいからなのか?とか思ってましたが、
よく聴いてみるとジョンとポールの歌に加えて
ジョージがずっとE音だけで歌っているのに気づき、
あぁなるほどといった具合に。

ちなみに「Revolution 9」は載ってません。
そりゃそうか。


3:「全曲解説!! ビートルズサウンズ・大研究」(写真右下)

ビートルズ・コピーバンドの聖地と言われた
六本木の「キャバーン・クラブ」の
レギュラー・バンドを努めていらっしゃった(らしい)
チャック近藤氏が全国のビートルズ・コピーバンドに贈った
完コピに向けた手引書。

昔は上・下巻に分かれてたんですが、
高校生の頃に、友達に上巻を借りてずーっとそのまま所持してました。
「サージェント・ペパー〜」以降のも読みたくなり、下巻を探したんですが
今は、古い情報をカットしたり、「アンソロジー」なども踏まえて
一冊にまとめなおした新装版が出ていたので、そっちを購入。

本当に全曲、全パート、
普段聴き流していたような音まで、こと細かに解説してます。
ビートルズ好きな人はとにかく全曲、
隅から隅まで聴き込んでいる人が殆どだと思いますし、
ぼくもそのつもりだったんですが、
聴き込んだつもりでも、新たな発見をくれます。
いや、もう「耳からウロコ」というのはこういうことなんだなぁと。

「It Won't Be Long」のエンディング近くで
コーラスの音を外すのはジョージだと
CDのライナーにもそう書いてあったんですけど、
「え?これポールじゃないの?」とずっと思ってました。
そして、この本を読んで、ぼくに自信をくれた気がします。

意図的に音を外すのはポール役のぼくがやるんです!
(でも、ポールの声にしてはちょっと品のない声なので
真相は結局のところ、分からないですけど)

そして、この本。
「Revolution 9」までしっかりとコピーしてます!!
さすがですね。


てなわけで、ベースと歌の練習に戻ります。
  1. 2014/08/15(金) 19:25:09|
  2. 音楽
<<ギターは恋人 | ホーム | ビートルズが教えてくれた>>

コメントの投稿

-->

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://betterdays9.blog102.fc2.com/tb.php/84-ec5250e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

プロフィール

まつむら

Author:まつむら

まつむらのブログです。
最近は音楽に。
ビートルズの
コピーバンドをしています。
ポール・マッカートニー担当
(ベース&歌)です。




公開しているイラストの、
無断複製/転載など、
2次使用はお控えください。

twitter

リンク

<友人>
佐呂間天 official blog
セレンティー
ちくなに。
ぶろぎすと。[blog+IST]
ものと泡
爛火の天衣無縫

<まよ個人の>
pixiv(まよ)
twitter(mayo_9)
ブログ管理

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。