SF(すごく・ふしぎ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「僕はビートルズ」「僕もビートルズ」

僕はビートルズ(1) (モーニング KC)僕はビートルズ(1) (モーニング KC)
(2010/08/23)
かわぐち かいじ

商品詳細を見る


さいきん読んだマンガの中でダントツに面白かったので紹介。
またビートルズの話だけど…。

「僕はビートルズ」原作:藤井哲夫、作画:かわぐちかいじ
(全10巻です)

かわぐちかいじ氏の作品は、実は読んだこと無かったので
この作品が初です。
原作として一般投稿されてきたこの作品が大賞を取り、
選考委員で、「おれが作画したいくらいだ」と大賞に強く推薦していた、
かわぐち氏がそのまま作画を担当したというマンガです。

んで、まぁストーリーは
ビートルズのコピーバンドが、1961年の、
ビートルズのデビュー前の時代にタイムスリップしてしまい、
よりによってビートルズの曲で、
ビートルズよりも先にデビューしてしまうという
トンでもないストーリーです。
「こっちが先に『抱きしめたい』や『イエスタデイ』を発表しちゃえば、
それを聴いたジョンやポールは、きっともっとスゴイ曲を作ってくるに違いない!」
という考えの元で始めた主人公たちでしたが…。

相手がビートルズだから出来る都合の良い展開も、
(映画「ベン・ハー」に登場するキリストと同じ位置だと思う)
偶然と偶然の一致もありますけど、
まぁマンガだから普通に楽しめました。

いや、もちろん、
かわぐち氏は作中に登場する楽器を
作画のために一揃えしたとのことですが、
61年が舞台の作品なのに、
作中に描かれるヘフナーのバイオリンベースは
62年製の方だという時代考証の「ハテナ?」はありますけど、
話が面白ければ、そんなんどうでもいいし、
あんまり作品のアラ探しをするのも
好きじゃないのでそこらへんは置いといて…。
(でもコレは本当にそうなのか、まだ調査中。)

そもそも、タイムスリップしたのが
偶然にも2011年3月11日(東日本大震災の日)なんですが、
作品自体が描かれたのは(連載開始前の描きためは)
恐らくそれよりも前ですから、
震災のことについてはいっさい触れられてません。
それはまったくの偶然だろうけど、
作品のリアリティの軸合わせ(※)に
一役買えたんじゃないかとは思う。

 ※ 軸合わせ…
  作品の最初の方で、この話は
  どの程度のリアリティを持った作り話なのかという
  基準を読み手に伝える作り手側の配慮。

上記より先のネタバレは控えたいので、あとひとつ。
作品冒頭で掲げた主人公の目標は達成されなきゃいけないんですが、
要するに主人公のやっているのは、証拠がないとはいえ盗作なので、
それに対する贖罪も併せて描かれなきゃなりません。
それが出来ている作品はどんなものでも高評価できてしまうんですよね。

ビートルズの演奏する姿そのものは、現代人に対しても、
舞台劇のようなものとして成り立つということと、
数あるコピーバンドの中でも
ビートルズのコピーバンドというのは別格として
(それこそ「ビートルズ」というジャンルの音楽として)
成り立つことに気づかされた作品でした。

これからビートルズのコピーバンドをやろうという
ぼくに勇気をくれた気もします。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/26(火) 22:13:41|
  2. 音楽

ヘフナーについて語るひととき

最近は、毎日ヘフナーを弾いてます。

なんだか特殊なベースギターです。

そんなわけで、買ってからいろいろとメンテナンスをしたりしましたので、
今日はそこらへんの話を。


【① トラスロッド調整】
〜 ネックの反りと弦高の調整

買ったときにお店で弦高の調節(トラスロッド調節)を
してもらったんですが、家に帰って弾いていると
4弦のあたりの音がビリビリするので、
少し弦の高さを上げた方がいいんじゃないかということで
六角のトラスロッド用のレンチを探したんです。

そもそもがドイツ製なので、特殊な規格らしくて
9/32インチのものを探すも売ってなく、
結局7mmのレンチ(同じ位のサイズ)を購入して自分で調整してみましたっけ。

回すとバキパキッと音が鳴るので、結構コワイです。
自分でやったけど、次回はお店に持っていって
やってもらった方がいいと思いました。
ネックを折ったりしたら取り返しがつかなくなりますので。

※すみません、写真撮っておけばよかったですね。
でもコワイから、もう開けません。


【② ポジションマークが…?】
〜 3、5、7、9、12、15、17、19フレットの目印が…?

ヘフナーって、ネックの側面に
ポジションマークが付いてないんです。
それなのに、歌に集中できるようにするためか、
ポールはほとんどフレットを見ずに弾いているんですよね。

ぼくも、買った当初は
ポジションマーク無しで弾いてたんですが、
やけに弾きにくい!!フレット間違える!
自分がいかにそのポジションマークに頼っていたかが
よく分かって勉強になりました。

いや、でも
せっかく買ったのに弾きにくいままなのは困る!


…だったら、自分でシールでも貼ってしまえばいいじゃないかと!

20140822203614d9b.jpg

そんなわけで、パンダさんのシールを貼っています。
何枚もあるので、汗でにじんで剥がれてしまったらまた貼るみたいな。



【③ こんなストラップ、どこに売ってるの…?】

さらに特殊なのが、ストラップ。
このヘフナーは中古で買ったんですけど、
ちゃんと親切にストラップまで付けてくれました。

それもそのはず、ヘフナーのストラップって特殊で、
ヘフナーにしか取り付けられないような仕様なんです。

20140822203619c98.jpg

ボディに巻き付けて固定するという
なんとも不思議なカタチです。
エンドピンの側も、フックが付いているという、
なんともおかしなおかしなストラップ。

ていうかモンダイは、
中古なだけに革がヒビ割れてきているんですよね。
ボロボロと革がこぼれるので、
新しいモノに交換したいんですけど、
どこに売っているのやら…。
どこの楽器屋さんでも見たこと無いですものコレ。

でも、ひとまずよかった。
ボロボロとはいえ、ストラップ。
ちゃんと付属してくれてたわけですから…。

それにしても、買うとしたら
ヘフナーの専門店にでも注文しないといけないんだろうか。
(日本のヘフナー総代理店は山野楽器らしいから、
そこでも訊けるのだろうか。)


【④ 指弾きしにくいのは何故?】

基本的にぼくがベースを弾くときは、
ほとんど人差し指と中指で弾いてましたが、
ヘフナーだと指弾きがしにくい。
「ラヴ・ミー・ドゥ」みたいに一音一音を
丁寧に出していくような曲じゃないと
指じゃ弾きにくいんです。

どうしても指で弾くなら、
ブライアン・ウィルソンみたいに
親指で弾くようにしないと
弾きづらいんです。

結局ピックで弾くのが
いちばん適しているみたいです。

そもそもこのヘフナーは……

ショートスケールなのに
ネックが長く見える理由にもなるんですが、
弦と弦の間隔が狭いので、
他のベースと同じ感覚で指弾きすると
隣の弦に指がぶつかって弾きにくいんです。

そんなわけですけど、
演奏のドライヴ感が楽しい音のベースだというのもあり、
ピックで弾いた方が良いという結論に。


【⑤ 使用する弦は?】

ベースの弦は基本的に4本とも巻いてある弦ですが、
表面が凸凹しているラウンドワウンド弦よりも、
表面が滑らかなフラットワウンド弦の方が良いみたいなので、
そっちを使っています。

さらに特殊なことに、
ショートスケールのベースな上に
ペグの糸巻きの穴はギターと同じくらい細いので、
決まった長さの弦しか張れないようになっているんです。



てなわけで、
「ラ・ベラ」ってところの
フラットワウンド弦を使うようにしています。
(「BEATLE BASS」って文字が入ってます。
写真右のケースが太いゲージで、
左のが細いゲージです。)

ラウンドワウンドの専用弦もあるんですけど、
中国製の廉価版ヘフナー用の弦みたいで、
ポールと同じ音は出ないらしいです。
(ヘフナー社から、個体ごとに弾き比べた
動画があったので、聴いてみたら
ゴリゴリした音で、やっぱり違う感じがする。
あのボンボンした音じゃない。)

でも、ラ・ベラ。
んまぁベースの弦ってギターほど
頻繁に交換するものじゃないとはいえ、
他のベース弦よりも高いんですよね。
5000円くらいする。
しかも特殊なわけだから、
1弦が切れたから1弦だけ買う…
みたいな、バラで買うことが出来ないみたいです。


【⑥ その他】

ブリッジがボディには固定されてなくて、
何故かピックガードに固定して弦を張る仕様になってます。

ピックガードは割れやすいとかなんとか聞いているので、
ちょっとヒヤヒヤです。

ボディについては、
いちおうカエデ(メイプル)の木だから、
そこそこ堅いとは思うんですけど、
中が空洞のホローボディなので、軽くて、
うっかりボディを割ったりしないか心配になります。
でも軽いから、ハードケースに入れても
持ち運びにはあまり困らない。

とりあえず、ヘフナーを買ったら、
フェンダーやギブソンほどに、
そこらへんの楽器屋さんではなかなか見かけませんし、
大切に使わないといけないですね。
  1. 2014/08/22(金) 21:07:48|
  2. 音楽

ギターは恋人

楽器の保存に最適な湿度は50%くらいらしい。



そして今、ぼくの部屋には、

①フェンダー・ストラトキャスター(エレキギター)
②カール・ヘフナー500/1(バイオリン・ベース)
③ギブソンJ160E(アコースティック・ギター)

の3本のギターが現在あります。

どれもこれも、
イヤな思いをしながら働いて儲けたお金を
はたいて買った大切なギターたちです。
(今の職場は楽しいのであんまりイヤな思いはしてませんけど)

てなわけでその愛器たちを部屋に置いといて、
弦が錆びるとか、音が悪くなるとか、
そういうのは避けたいよなぁと思って
最近は保存に気をつかってます。

そもそもぼくの部屋、
湿度が異常に高いので、
(風呂場に窓が無いとか、その風呂場のカベと
クローゼットのカベが面しているので、
クローゼットの中の衣類に必ずカビが生えるとか)
そこらへんから改善せねばならないということで…。

そもそもまず風呂から上がると、湿度はこうなります。

20140821225341a8e.jpg


洗濯物を部屋干ししてもこんな感じになります。

そもそも人間の体感じゃ気温以上に
湿度なんて感知できませんので、
湿度計まで買ってしまいましたけど、
これはこれで面白いですね。

それはそうと、こんなひどい湿度じゃ、
楽器も置いとけないじゃないかと思って、
実家(割と近所)に置いといたんですけど、
逆にそれじゃ気軽に弾けないよなということで
とにかくすぐにでもこの部屋を
改善しないと!と思い……、



joshitsuki

除湿器を買いました。

いやもう快適です。
ちょっと音がウルサいですけど。

外から帰って部屋に入ると、
なんだかどこかの外国のような空気が漂ってきます。

除湿器から温風が出るとはいえ、
そこまでエアコンを強くかけなくても、
ちっとも暑苦しくならないのでこれは重宝してます。

20140821225343461.jpg



そんなわけで、湿度のモンダイは解決しました。

それなりに省エネ設計なので、
外出中も活躍させてます。
(それでも電気代は少し余計にかかってるけど)

…と思いきや、付けっぱなしで放置しておくと、
20〜30%くらいになってたりするので、
楽器はそのまま剥き出しにしない方がよさそうかなと。
(湿度が高すぎると音が悪くなるし、
逆に低すぎると木がヒビ割れたりするらしい)

いちおう全部ギターケースに除湿剤を詰め込んで
保存することにしました。
(いちおうケース内にも湿度計を入れておいて)

それにしても、天気や季節で、
本当に湿度は大きく変わるんですね。

そのたびに気をつかうクセが出来てきました。
  1. 2014/08/21(木) 23:31:34|
  2. 音楽

耳からウロコ

score


今日も、ビートルズの話です!


バンド・スコアを買ってしまいました。
大学生のころは、スコアなんて市販されてないような曲ばかり
コピーしてましたというのもあり、耳コピが原則で
スコアなんか見るのは邪道だろ?と思ってましたので
今回買うまでにちょっと抵抗があったんですけど、
あった方がコピーも早いだろうということで、
持ってても一文にもならないプライドやこだわりは棄てました。

ちなみに大学生になる前……、
高校生のころはスコアがないと他のメンバーが困るので
仕方なく、いちいちコンビニでコピーしたりして用意してましたが、
今のぼくが目指したいのは、スコア通りに弾くことじゃなくて、
ビートルズと同じように弾くことなわけです。
音が取れたら、あとはもう聴きながら弾いていくしかないわけで。

とりあえず、
「THE BEATLES COMPLETE SCORE」
「ザ・ビートルズ・ソングブック」
「全曲解明!! ビートルズサウンズ大研究」の三冊と、
そして……、
肝心の213曲の音源があれば何とかなるとね。

では一冊ずつ解説しようかな。


1:「コンプリート・スコア」(写真上)

文字通り、「コンプリート」ですから全曲載ってます。
よせばいいのに「Revolution 9」も載ってます。
バンドのためのスコアというより、
コレクターズ・アイテムとかいうやつとしても
それなりの価値はあるのかもしれませんね。

んで、肝心のコピーの精度はといえば……。
現在は、シンコー・ミュージックからアルバムごとにも
スコアは市販されていますけど、
それの少し古い版と中身は一緒みたいですね。

たとえば、弾いてて面白くてしょうがないので、
「Something」のベースはすでにコピーしたんですけど、
歌詞の「You're asking me will my love grow〜」のところ、
スライド奏法(ハンマリング・プリングかも??)を使っているはずなのに、
そこまで載ってなかったり…。

ンまぁ、公式スコアの間違いを発見すると、
自分が上手くなった気がしてちょっと嬉しかったりもする。

とはいえ、
とっかかりとしてはスコアがあった方が便利なことは確かなので
重宝するんじゃないかなぁと思う。


2:「ザ・ビートルズ・ソングブック」(写真左下)

全曲の歌詞とコード、対訳が載っています。
スコアなんて重くて持ち歩けないから、
こっちで確認するといいよね、と思いつつ。

気になったところといえば、
たとえば、
「I'll Be Back」で、コードが「Am→G6→Fmaj7→E」と
R&Bというか、歌謡曲というか、
それっぽい流れで進行するんだけど、
それにしてもなんでこんなテンションコードを使うのかと、
ただ何となくカッコいいからなのか?とか思ってましたが、
よく聴いてみるとジョンとポールの歌に加えて
ジョージがずっとE音だけで歌っているのに気づき、
あぁなるほどといった具合に。

ちなみに「Revolution 9」は載ってません。
そりゃそうか。


3:「全曲解説!! ビートルズサウンズ・大研究」(写真右下)

ビートルズ・コピーバンドの聖地と言われた
六本木の「キャバーン・クラブ」の
レギュラー・バンドを努めていらっしゃった(らしい)
チャック近藤氏が全国のビートルズ・コピーバンドに贈った
完コピに向けた手引書。

昔は上・下巻に分かれてたんですが、
高校生の頃に、友達に上巻を借りてずーっとそのまま所持してました。
「サージェント・ペパー〜」以降のも読みたくなり、下巻を探したんですが
今は、古い情報をカットしたり、「アンソロジー」なども踏まえて
一冊にまとめなおした新装版が出ていたので、そっちを購入。

本当に全曲、全パート、
普段聴き流していたような音まで、こと細かに解説してます。
ビートルズ好きな人はとにかく全曲、
隅から隅まで聴き込んでいる人が殆どだと思いますし、
ぼくもそのつもりだったんですが、
聴き込んだつもりでも、新たな発見をくれます。
いや、もう「耳からウロコ」というのはこういうことなんだなぁと。

「It Won't Be Long」のエンディング近くで
コーラスの音を外すのはジョージだと
CDのライナーにもそう書いてあったんですけど、
「え?これポールじゃないの?」とずっと思ってました。
そして、この本を読んで、ぼくに自信をくれた気がします。

意図的に音を外すのはポール役のぼくがやるんです!
(でも、ポールの声にしてはちょっと品のない声なので
真相は結局のところ、分からないですけど)

そして、この本。
「Revolution 9」までしっかりとコピーしてます!!
さすがですね。


てなわけで、ベースと歌の練習に戻ります。
  1. 2014/08/15(金) 19:25:09|
  2. 音楽

ビートルズが教えてくれた

こんにちは!!

日記を書くたびに、
みなさん久しぶり!なんですけど、
ちょくちょく書いていきたいですよね。

さて、今日の話題ですが、
ビートルズのコピーバンドを始める
ことにしたんですよ。

ようやくだね。

とはいっても、まだ楽器の練習くらいしか
出来てませんので、まぁこれから…
という感じで。

去年まではほとんど時間もなかったし、
(年間で300日以上出勤してたと
思うけど、よく倒れなかったよな)
サービス業だったというのもあり、
仕事自体、不定期に入ってきてましたから
他の仕事をしている友人とも
なかなか時間も合わせられなかったんですよね。
→「じゃ、次の土曜に飲みに行こうよ!」
「ごめんおれ、無理…」みたいな。

それなら
一人で出来るような趣味をと思って
イラストやら漫画やら描いてましたし、
どうせなら突き詰めて、イラストや漫画で
仕事もらえるレベルまでやってみよう!
とも思ってましたが、
今年からは仕事も変わり、
時間の都合が付けやすくなったので、
もともとやってた音楽に戻ることも
出来そうかなということになりました。

そんなわけで、
ビートルズのコピーバンドを
始めようと思います!
ポール・マッカートニーの役を
やりたいので、こないだ買った
ヘフナーのベースに活躍してもらおうと!

もともとギター弾いて歌う方が
得意なんですけど、
オリジナル曲作ったり、
バンドの音楽的な方向性を
決めたり、そういうので悩み始めると
なかなか進まなそうだし、
当たり前だけど学生のころと違うから、
時間は制限されているんですよね。
(学校休んで作曲は出来ても、
仕事は休むわけにいかないものね。)

すると、何かひとつ決まった型を
突き詰めていくような音楽が
いいなぁと思った次第です。
それにはもうバンドとしてのスタイルが
完璧と言っていいようなバンドを、
完璧にコピーすることじゃないかと!

そういうバンドといったら、
ビートルズとキッスしかないだろうと
いうことで、好きな方を選んだら
ビートルズになったというわけで。
(キッスも好きなんだけど、
アルバム単位で聴いてないもので…
あとは衣装や火を吹いたり血を吐いたりに
相当な金がかかりそうだし。)

いや、もちろん
レッド・ツェッペリンも
ローリング・ストーンズも
ビーチ・ボーイズもザ・ジャムも
はっぴいえんどもサザンオールスターズも
スピッツも松田聖子も大好きだけど、
でもやっぱりビートルズのスタイルには
敵わないとぼくは思うので。
そして、突き詰めるといったら
あのベースラインを演奏しながら歌う、
ポールの位置がぼくにとっては
一番的確な位置に思えたんですよ。

てなわけで、そのうち
ライブの告知やら感想やら実感やら
ベースの細かい部分の演奏の仕方やら
ここで述べられたらいいなぁと
思いながら、それなりに期待してて
くださると幸いです!
  1. 2014/08/14(木) 01:12:03|
  2. 音楽
-->

カウンタ

プロフィール

まつむら

Author:まつむら

まつむらのブログです。
最近は音楽に。
ビートルズの
コピーバンドをしています。
ポール・マッカートニー担当
(ベース&歌)です。




公開しているイラストの、
無断複製/転載など、
2次使用はお控えください。

twitter

リンク

<友人>
佐呂間天 official blog
セレンティー
ちくなに。
ぶろぎすと。[blog+IST]
ものと泡
爛火の天衣無縫

<まよ個人の>
pixiv(まよ)
twitter(mayo_9)
ブログ管理

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。